3種類の媒介契約|西東京市の不動産のことならミライズへ!

お電話でのお問合せ

042-452-5431

【営業時間】10:00~18:00 【定休日】水曜日

↓火災保険取り扱い開始↓
↓お気軽に問合せ可能です↓
↓当社管理物件限定↓

店舗情報

ミライズ都市開発株式会社

ミライズ都市開発株式会社

〒202-0014

西東京市富士町4-33-13

042-452-5431

042-452-5432

10:00~18:00

水曜日

会社概要

3種類の媒介契約

正式に売買の仲介を依頼される際には、「媒介契約」を締結させていただきます。媒介契約は、お客様ご自身が希望される仲介のサービス内容を明確にするための大切な書類です。また対価となる手数料の明示もあります。3種類の媒介契約から選択いただく形となりますが、当社ではご契約前に、丁寧に内容をご説明いたします。 

ここでは種類と特徴を、表でご紹介いたします。 

専属専任媒介契約

不動産会社1社だけに仲介を依頼する媒介契約で、契約を結ぶと他の不動産会社に仲介を依頼することはできません。専任媒介契約と仕組みは似ていますが、異なるのは不動産会社が見つけた売却先としか取り引きすることができません。契約の有効期限は最大で3カ月となっており、不動産会社は媒介契約成立から5日以内に指定流通機構(レインズ)への登録が義務付けられています。また、不動産会社は1週間に1度以上の頻度で依頼者へ仲介業務の実施状況を報告することも義務付けられています。
一般的に依頼側がこの媒介契約を結ぶメリットとしては、不動産会社が限られた期間内に買い手を探さなくては売買契約を仲介できないため、比較的高い確率で買い手が見つかることなどが挙げられます。

専任媒介契約

先の専属専任媒介契約と同じく、不動産会社1社だけに仲介を依頼する媒介契約で、契約を結ぶと他の不動産会社に仲介を依頼することはできません。異なるところは自力で探した買い手を見つけて不動産会社を介さずに契約できることがあげられます。契約の有効期限は最大で3カ月となっています。不動産会社は媒介契約成立から7日以内に指定流通機構(レインズ)への登録が義務付けられています。また、不動産会社は2週間に1度以上の頻度で依頼者へ仲介業務の実施状況を報告することも義務付けられています。
依頼側がこの媒介契約を結ぶメリットとしては、自力で買い手の目処はたつが、さらに好条件の買い手を探したい際に利用しやすい点などが挙げられます。

一般媒介契約

同時に複数の不動産会社に仲介を依頼することができます。自力で探した買い手と不動産会社を通さずに契約することも可能です。契約に有効期限はなく(行政指導はあり)、指定流通機構(レインズ)への登録義務もありません。不動産会社が依頼先に業務の実施状況を報告する義務もありません。契約方法には、明示型と非明示型があります。明示型は、他にどの不動産会社と媒介契約を結んだか通知する方法で、非明示型は通知しない方法です。
特徴としては、一見幅広く買い手を探すことができそうな媒介契約に感じがちですが、不動産会社にとっては(専属)専任媒介契約と比較して安定性の低い依頼となるので、買い手探しに時間がかかってしまう可能性があります。また、明示型・非明示型についても同様です。

ページの先頭へ